備忘録

マンガとFGOと坂

舞台あさひなぐの感想

 おぼえがき

 

プロット単位のはなし

・東島旭の起承転結

「一堂寧々なんてぶっ倒してやりますから!」がなくなってたおかげで旭の物語目標が縮まって、プロットが舞台の尺にぴったりになっててよかったというはなし。ただそこをなくしたときの冬合宿までの東島旭の物語の起承転結はどうなるのかなって考えたときに、「私でもあんな風に強くなれますか」→「あなたは私の憧れです。だから真春先輩に勝ちたい」をテーマにしたいけど、「上段の君」のくだりが全カットされてるから上滑りなのでその分「真春先輩が負けた相手に勝つことで間接的に真春先輩をこえる」というお話になってる印象。「一堂寧々なんてぶっ倒してやりますから!」をカットすることで、本来の「東島旭vs一同寧々」っていう対立軸から、「一堂寧々vs宮路真春(東島旭)」という構図になってここで話を切ってもしまりがいい感じになってる。ってそう考えると、円陣稽古(まあ舞台では円陣稽古って単語は出てこなかったけど)のときに真春先輩が旭に一堂寧々を重ねてた描写が原作になかったのに追加されてたことにも納得がいく。あれはつまり一堂寧々vs宮路真春って構図を原作よりも強調してるんですね。ところで原作になかった追加描写といえば、女は度胸のシーンに差し込まれた「勇気」って単語も最終的に利いてきたのでうまいなあという感じでした。合宿での練習シーンもそんなに多くなかったので、原作通りにやったら旭の深い踏み込み習得シーンにいまいち上滑り感が出るはずなんだけど、その分真春先輩が最初に教えた「勇気」を旭が手に入れて、それが旭の何よりの強みだって説明をすることでその分を補填してたんだなあって気づいたときには、本来途中でぶつぎりになっているはずのプロットを舞台版に縮めるのには色々工夫がされてるもんだなあと感心した。そうすることによって、旭が天才じゃなくて努力で手に入れた確かなものだっていう台詞を原作通り将子じゃなくて、その勇気を教えた真春先輩が言うっていう意味も出てくる。なるほどね~。

 

・将子のはなし

まあ旭が天才じゃなくてそれだけの努力をしてきたんすって将子が言うことの理由の一つは、そのあとの部内対抗戦で旭vs将子をやるための前フリって意味もあったはずなんだけど当然舞台ではそれがないので真春先輩の台詞になった。そのかわりといっちゃなんだけど、本来ない描写の将子が自分の弱さを認めるシーンが挟まれたのは良い演出だったと思う。

 

・一堂寧々のはなし

接着剤買いにいったときの「コートの中に持っていけるのは自分の心と身体だけ」ってくだり、原作になかったな~と思ってたけどいま確認したらあった。記憶力がガバガバ。でもまあ、あの台詞が延長戦での東島旭覚醒の前フリになってるんだから当然といえば当然か。一堂寧々は「コートの中に持っていけるのは自分の心と身体だけ(だから他人となれ合うことは強さにはつながらない)」→「そぎ落とした分コートの中は自分が強くあらないといけない場所」という哲学だったのに対して、東島旭は「コートの中に持っていけるのは自分の心と身体だけ(だから弱さすらもコートの外に置いていける)」→「置いていった分だけコートの中は自分が強くなれる場所(と気付けたから、「薙刀が好きです」につながる)」という哲学で、漫画21巻の東島旭vs一堂寧々が構成されている。そう考えたら舞台版で旭が(不意をついたであろうとはいえ)一堂寧々から一本をとったのも、そうおかしい描写でもないな~と思えてしまった。実力の試合ではなく哲学のぶつかりあいという描写だし。もっともここまできたら完全に原作読んだうえでの脳内補完なんだけども。

 

演技のはなし

齋藤飛鳥/東島旭

最初喋り出したとき飛鳥ちゃんはちょっと野暮ったくなっても可愛いな~~とか思ってたんだけど後半あたりから東島旭が動いてる……!!!!!!という印象になったのですごいぜ。

 

・八十村将子/井上小百合

今回一番すごかったと思う。声もどすがきいててめちゃめちゃ格好良かったし、あとがさつで乱暴な感じの一挙手一投足がいちいち将子っぽかった。本人も最後の挨拶で話してないところでも将子らしさをだせるように頑張ったって言ってたので納得。すごい。本人の人柄にあってるってとこもあるんだろうけど。こっちは旭と違って最初から最後まで井上小百合らしさが全くなかったし、声すらも完全に八十村将子だったのでこれは井上小百合ではなく本物の八十村将子なのではないか……?と思ってたけど最後の挨拶で井上小百合の声だったからなんか安心した。

 

・一堂寧々/堀未央奈

レコメンで堀ちゃんじゃないみたい~って言ってたけどマジでその通りでびっくりした。福岡弁が様になってるしめちゃめちゃ強キャラ感があったし叫ぶシーンも迫力があった。将子役井上は見る前からハマり役感があったけど、こっちは見た目は堀未央奈なのに話しだしたら一堂寧々だったのでこれもまたこれですごいなという感じ。あと寧々に旭がビンタしたあたりでこの二人であの一堂寧々vs東島旭をやるんだなあ……と想像して勝手にエモくなってた。病気。

 

・的林つぐみ/北野日奈子

特に出番もなかったし、声を出したら北野日奈子ちゃんなので超絶可愛いな~と公演中は思ってるだけだった。ただ、「エース並みの実力があるのに熊本から一堂寧々がきたせいで二番手に甘んじている的林つぐみ」と二期生の中での北野日奈子の立ち位置っていうのを勝手に重ね合わせてエモくなるのはオタクの勝手な妄想だよな~~~~と思ってたのに、最後の挨拶で北野日奈子ちゃんがちょっと自分と通じるところがあるから……って言いだした時点でわけがわからないくらいエモくなってしまったし、正直あの瞬間が今日のMVPでも差し支えないレベル。20巻収録221本目「エースではない二人」なんだよな……。

 

・そのほか

先生がいい緊張の弛緩剤になってた。寒河江/衛藤はあれで髪切るところまでいったらそれはそれですごいいい味のキャラクターになってくれるんだろうな~。そんなとこ。

20170201~20170303

 備忘録てきな。とりあえず二月から覚えてるだけ

 

 

ハチミツとクローバー 1

ハチミツとクローバー 1

 

  ハチクロ全巻。なんか大昔に読んだんだけど記憶が遥か彼方すぎて全然おぼえてなかった。自分の進路決めようとしてるタイミングで読むものじゃない、つらい。これのせいでだいぶ精神が病んだ。ぼくも北海道まで自転車こいで自分探しに行きたい(全く行きたくない)。山田ちゃんほんと男の趣味わるいなーーーーって思うけど山田ちゃんが一番気持ちを理解しやすいから始末が悪い。叶わない恋をしてるときってある種ぬるま湯なんだよな……。羽海野チカ先生のポエムは恋愛恋愛してるほうが好きなので三月のライオンよりこっちのほうが好み。三月のライオンもラブコメしてるときはだいぶ好き

 

 暁のヨナ22巻まで。主人公が一番かっこいいのは逆ハーものとしてどうなんですかね……。普通に戦記モノとして読んでもすごい楽しいのでみんな読めばいいとおもう。少女漫画としてみてもみんな魅力的で楽しいぞ。ぼくはキジャがすきです。かっこいいし頼り甲斐あるしどことなく抜けてて可愛いしヨナにすごい好意的なのに正ヒロイン(?)じゃないからギャグ要員成分強め……悲しい……。ヨナがただただかっこいいせいで男衆がヒロインにしか見えない(ユンはエロゲの主人公親友枠)。あっでもゼノの過去編が意外にすごい重くて読み応えあった。ゼノ~~~~~~~ゼノおじいちゃん……。普段ふわふわした子がすごい重い過去背負ってるの昔ながらのエロゲっぽくてグッドですね(少女漫画)

 

  • なんくる姉さん 1

  いつもの久米田だな? じょしらく読んでないんだけど作画がヤスになっても久米田漫画独特のテンポだったのですごく個性がすごくてすごいなあとおもいました。

 

  • 午前0時、キスしに来てよ 1

 

  一巻無料だったのでつい。毒にも薬にもならなかったので特になし。セール対象になったら続き買ってもいいかも。

 

  実は読んでなかった。セールだったので全部読んだ。とにかく全体的な構成力が抜群で完結したらそりゃあベストセラー一位になるなあという貫禄。ぐいぐい読ませてこの巻数で綺麗に完結するのは漫画のお手本のようで読んでて気持ちが良かったです。どうでもいいけどこの作風と画風でアニメの主題歌がアジカンのRe:Re:なのサブカルクソオタク・オブ・ザ・サブカルクソオタクという感じがしていっそ清々しくて好き。ぼくがサブカルクソオタクなのでアニメ化前に読んでたらもっと騒いでたと思うけど話題作として完結したので特に言うことはないです。

 

  • 地球のおわりは恋のはじまり 3

  毒にも薬にもならない(二回目)。一巻出たときは割と話題になってて確かに読んでて面白かったんだけど、二巻以降特に光るものはないかなあ。

 

  クリティカルはつよい、FGOでもそういっていた。クリティカルの話と水着の話が好き。最高のキモオタスマイルコミックその1。刊行ペースめちゃくちゃなのはなんでなんだろう。

 

  特別ドラマチックな展開があるわけでもないからいまいちインパクトは強くないんだけど、読者の気を引く工夫がちりばめられていて、とにかく各エピソードが読んでて楽しい。万人に勧めやすい面白いまんがだと思います。とにかく完成度が高いので読んで絶対損はない。四人のダンジョン探索はファンタジーのお約束をいい意味で守ってて読んでいてワクワクするし、パーティでの役割分担がはっきりしているのでそれぞれのメンバーが活躍するエピソードも単体で面白い話になってる。敵モンスターとの戦闘も勢いじゃなくて分析と論理で納得のいく戦い方をするので読んでいて質のいい短編小説を読んだ気にさせる。特にレッドドラゴン戦なんていままでの伏線をきっちり消化して、初見では絶望的に見えたボスの討伐を知恵と工夫で達成する展開がお手本のように素晴らしい。ダンジョン飯の持ち味のモンスターの調理シーンだけでなく、ファンタジーを読むにあたって読者が期待していることを裏切らずに全部ハードルをこえてくる様が毎回読んでて気持ちいいです。次巻からどうなるのかな。

 

  • 星野、目をつぶって。 4
星野、目をつぶって。(4) (週刊少年マガジンコミックス)
 

  目次とかタイトルロゴのデザインが可愛くて好き。あとサブタイもいちいち可愛いので本編以外のところを読むのが楽しみな漫画のひとつです。本編は……とくにおぼえてない……。

 

  • かくしごと 3

  いつもの久米田(二回目)。なんくる姉さんよりこっちのほうが好み。絵はヤスのほうがかわいい。漫画家漫画って結構あるけど久米田がかくと半分暴露漫画みたいになるのが作風……という感じで楽しい。そんなに売れてない漫画家のサイン会ってほんとにサクラばっかなのかな……しらんけど……。どうでもいいけどアイドルの子がかわいい。

 

  • 兄の嫁と暮らしています 2

  2017年最もアツい百合漫画では???????????????????まずくずしろ先生のキャラデザがすき。女の顔がいい。あとさばさばしてちょっとひねくれた女が最高で最高では?ちょっとひねくれた女が自分より年上の女に遠慮したり仲良くなろうとしたり独占欲覚えたりする瞬間がすごい鮮明に描かれてて最高……女の感情……。一巻のときも思ったけど単行本での引きが最高。

 

  有名な作者さんらしい(ぼくはしらなかった)。全体的なストーリーも続きが気になって読ませる力のあるものなんだけど、なにより民間伝承~~~とか田舎の閉塞感~~~とか都会に対する漠然とした憧れ~~~とかその中での女子中学生の恋愛感情!!!!!!!!!という描き方がエモくて最高。田舎の閉塞感に飽き飽きしてる女子中学生の恋愛感情なんだよな……。

 

  かぐや様(天才)「いくぅ!♥」

 最高のキモオタスマイルコミックその2。こいつらが天才ならぼくはIQ10000000くらいあると思う

 

  • ベアゲルター 1~3

  3巻まで。女がクソでかい武器を振り回しながらクソでかい男をぶん殴って人を殺すのが最高でつよいからすごい。これが現代のインターネットなんだよな……。

 

  • キッチン
キッチン

キッチン

 

  なんか久々に読みたくなった。美しい日本語が好きなので吉本ばななが好きです。あとは川上未映子とかすき。光とか影とか、明るいものとか暗いものとか、そういう光の質感みたいなものをきれいな言葉で描写できてる小説がすき。

 

  • Landreall 29

  商人組がかわいいから最高……。Landreallめっちゃ面白いのでみんな読んでくれ。めっちゃオタク早口で紹介しようと思ったけど長くなるのでやめた。

 

  • あそびあい 1~3
あそびあい(1) (モーニングコミックス)

あそびあい(1) (モーニングコミックス)

 

  3巻まで。とにかく恋愛がへったくそだったり性欲とか独占欲とか支配欲がめちゃくちゃで未分化でそれを恋愛感情だって中途半端に認識したいあたりが最高に高校生~~~~って感じでむずむずした。読んでつらいけど最高。他人を変えたいって感情はほんと身勝手でしょうもないし、そもそも発端が単なる性欲でしかなかったりするんだけど、当人はそれを綺麗なものだって思いたいのがすごいびしばし描かれてて、読む人によっては普通に自傷行為になる、世の中は辛く苦しい。山下が「小谷の一番になる!」っていうところで「(前もだれかにいわれたなー)」って小谷がへらへらしてるとことか最高に滑稽で辛く苦しい(二回目)。こういう漫画は感想言ってるつもりが気付いたらただの自分の人生観語りになるのでインターネットですることじゃないね。

 

  • ひきだしにテラニウム
ひきだしにテラリウム
 
  • 竜の学校は山の上
竜の学校は山の上

竜の学校は山の上

 

  ダンジョン飯の作者の短編集。だいたい数ページで終わるライトSF。星新一みたいなやつって言ったら多分伝わる。ダンジョン飯といい、ファンタジー設定を現実くさく解釈してみてそれを面白いストーリーに構成するのが抜群に上手だなあという印象でした。ダンジョン飯はここから生まれたのかってのが納得できるからおすすめ。

 

  • 潜熱 1
潜熱(1) (ビッグコミックス)

潜熱(1) (ビッグコミックス)

 

 ヤバイオブザヤバイ漫画。 コンビニでバイトしてる女子大生が毎朝同じタバコを二箱買っていく年上の中年男性に惹かれていく漫画なんだけど、とにかくその男性がヤバイ。やくざものだってわかって、見た目とか怖いし、しかも向こうもなんか乗り気で、プレゼントなんかもらったりして、そもそも娘くらい年下の相手にそんなアプローチしてくる男なんてヤバイってわかるし周囲もそう言ってるのに、主人公がどうしようもないくらいに惹かれていく様子がすごい質感で描かれていて、本当にヤバイ。いやだってよくないって言われるほど、怖くて別の世界に住んでそうな中年男性に惹かれていく気持ちっていうのがどうしてもわかってしまうあたり、この漫画の優れたところなんだと思う。恋愛感情なんだよな……。人を好きになる瞬間を追体験できるのが漫画のいいところの一つだと思うんだけど、そういう点ではこの作品はめっちゃすごいと思います。一巻の最後のヒキとかすごい。おすすめ。

 

  • あそびあそばせ 3
あそびあそばせ 3 (ヤングアニマルコミックス)

あそびあそばせ 3 (ヤングアニマルコミックス)

 

  特になし。結構好きだよ。

 

  • 宇宙大帝ギンガサンダーの冒険 3

  水上先生の短編集。さみだれの短編はいってるからさみだれの本編読んだやつは読め読め読め。無限にエモくなれるし最高ベリ~~~ハッピ~~~~~~!!!!! キャラクターが成長して物語のそのあとを生きてる瞬間を見せてくれるのは水上先生の優れた点の一つなんだけど、本編で最も子供だった太陽くんが高校を卒業して大学に入って親元を離れて恋人ができるだけのなんでもないことなのに死ぬほどエモい。無限エモーショナルかよ。告白のシーンとか最高。他の短編の記憶吹き飛んだ。

 

刻刻(1) (モーニングコミックス)

刻刻(1) (モーニングコミックス)

 

  続きは気が向いたら買う。

 

  • 結んで放して

  セールだったので。実を言うとバイトに行かないとだから長文をかく時間がない。

 

  • 春と盆暗
春と盆暗 (アフタヌーンコミックス)

春と盆暗 (アフタヌーンコミックス)

 

 「どうしてこんなエイリアンすきになってしまったんだろう」っていうキャッチコピーが最高だし絶対好きなカプの同人誌の帯にしてほしい。こういうサブカルくさいポエミーな漫画がおれは大好き。

 

  • ミッドナイトブルー
ミッドナイトブルー (FEEL COMICS)

ミッドナイトブルー (FEEL COMICS)

 

  こういうサブカルくさいポエミーな漫画が俺は大好き(二回目)。

 

 

 また気が向いたらメモする

広告を非表示にする